アルミダイカスト金型向け(溶損・カジリ・焼付き)

アルミダイカスト金型向け(溶損・カジリ・焼付き)
アルミダイカスト金型向け(溶損・カジリ・焼付き) 01
アルミダイカスト用溶損対策被膜「LELLYON-CL・LELLYON-ATL(レリオンCL・レリオンATL)」
溶損試験にて抜群の耐溶損被膜が完成しました。
ダイカストピンの溶損でお困りのユーザー様是非お試し下さい。


TiAlN・CrN・・・ピンホールを起点とし溶損が進行している。
CL・ATL・・・現行膜より高負荷試験(回転速度・浸漬時間2倍)にも関らず、LELLYON CLは小さい穴は確認できるが、大きな溶損は確認できない。

現行膜より高負荷試験にも関らず、LELLYON ATLはほとんど溶損が進行していない。



試験条件
試験片材質SKD61(HRC48)
試験片寸法φ10×100(50浸漬)
試験片数量1試験4本
試験片の動き60rpm(現行膜は30rpm)
アルミ溶湯の種類ADC12
アルミ溶湯温度670℃±20
浸漬時間8hr(現行膜は4hr)
表層膜(耐熱または離型効果)
多層膜(耐溶損効果)
中間層(耐ヒートクラック効果)
耐溶損性向上
このQLIMAQ LELLYONシリーズは、中間層を設けることで、耐ヒートクラック性を上げ、多層にする事で、ピンホールを減らしています。これにより、現行のTiAlN・CrNと比較し耐溶損性に優れています。

※更にCL・ATLより耐熱・耐溶損に強いLELLYON-BZ(レリオンBZ)という新被膜もございます